English learning for gardeners

海外サイトの紹介や、園芸の海外とのトレンド比較など。

How to grow Torenia トレニアの育て方①

トレニアの育て方のサイトを拾ってみました。

www.gardeningknowhow.com

また、Gardeningknowhowのサイトです。上位にヒットするし、他にもいくつかのサイトを見比べてみましたが、このサイトは読みやすいので選んでみました。

 

まずはIntroductionから 

When looking for a long lasting and attention-grabbing addition to the part sun flowerbed, consider the wishbone flower plant. Torenia fournieri, the wishbone flower, is a short ground-hugging beauty with profuse and delicate blooms. Don’t be fooled though; while the flowers appear delicate, they are tough and able to withstand the hottest of summer heat when properly located in the landscape. Learning how to grow a wishbone flower is easy enough for even the beginning gardener.

 

 半日なたの花壇に花期が長く人目をひくような花を加えたいなら、ウイッシュボーンフラワーはどうでしょうか。トレニア(ウイッシュボーンフラワー)は草丈が低く地をはうように生育し、たくさんの繊細な花を咲かせる美しい植物です。でもだまされないでください。花は繊細に見えますがとても丈夫な植物で、庭の適した場所に植えれば真夏の暑さにも耐えられます。トレニアの育て方はガーデニング初心者にも十分簡単に習得することができます。

 

wishbone flower アメリカでは一般的な名称のようです。wishbone とはなんでしょう?では、次へ

What is the Wishbone Flower?

If you’ve never grown this plant, you may wonder, “What is the wishbone flower?” A bushy annual, the Torenia wishbone flower is a great choice for borders, with wishbone-shaped stamens and flowers in multiple, bi-color shades. Blooms begin in late spring to early summer and continue until frost. Reaching 6 to 12 inches in height, pinching back new growth on top encourages the small, shrub-like appearance of the plant.

The wishbone flower is ideal for containers and may be grown as a houseplant. It is hardy in USDA zones 2-11, allowing many to use this small attractive flower somewhere in the landscape.

ウイッシュボーンフラワーとは

育てたことがない人は、「ウイッシュボーンフラワーはどんな花?」と思うでしょう。トレニア、ウイッシュボーンフラワーとはこんもりと茂る一年草で、ボーダーガーデンには最適です。雄しべはウイッシュボーン(鳥の叉骨(さこつ))の形をしており、花色は多様にあり2色の色合いを有します。花は晩春から初夏にかけて咲き始め、霜が降りるまで続きます。高さは6~12インチ(15~30センチ)になり、上部の新芽を摘み取れば、小さなこんもりとした形になります。

ウイッシュボーンフラワーは鉢植えが理想ですが、室内でも育てられます。耐寒性はUSDAゾーン2~11ですから、この小さく魅力的な花は多くの人の庭で育てることができます。

 

トレニアのことをwishbone flower というのを知り、「願いが生まれるみたいな?ステキ♡」と思ったら、つづりをwishbornと見間違えてました💦。wishboneとは鳥の叉骨(さこつ))のことです。

 

www.thekitchn.com

この骨には、食事の後二人で引っ張り、長い方を取った人の願い事がかなうという言い伝えがあるそうです。欧米ではよく知られた骨の名前なので、花の名前にもつけられたのでしょうね。

 

確かにトレニアの雄しべはwishboneの形をしています!

f:id:attsung:20170610213613j:plain

花だってベルのような特徴的な形状なのに、雄しべの形が名前になるのですね(^^;